VASTIC TOUCH ANNEX

アクセスカウンタ

zoom RSS ブランシャールインタビュー:

<<   作成日時 : 2007/06/30 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

前出のジョスインタビューです。
インタビュアーはクラブ関係者
無謀にも訳してみました。
誤訳があるのは当たり前の覚悟でお読みください。
いやむしろ誤訳上等じゃねえかという気概を持ってお読みください。

ジョスラン、2003年の夏にウィーンに来てから今年でFAK5シーズン目になるわけだけど、当時から長くいようと考えていたの?

全然。当時は1年のつもりでここに来た。そのころはただフットボールがやりたかっただけでそれ以外の事なんてまったく気にかけなかったね。でも全く違う展開になった。いいクラブいい人たちに出会っていろいろ学んだよ。以前は32歳になったらリアイアするつもりだと言っていたけど僕は現在も以前と変わらずフィットしてる。まだまだ選手生活の終わりは考えられないね。

あとどのくらいやれそう?
限界は設定してないよ。身体が思うように動く限り、頭の中で準備が出来る限り、そしてなおかつ高いレベルでプレイできる限り。

オーストリアではあなたは紛れもなくリーグのスターだけど、フランスではわれわれのフットボールについてレポートしてくれたりしないの?
ないね、いや残念だけど誰も興味を持っていない。知り合いのジャーナリストになぜオーストリアのことを記事にしないのかと度々いってるんだけどまあベルギーと同じくらいの扱いだね。
それにここではフレンチは僕一人だし。

フランスではオーストリアのフットボールは敬意をもたれてないってこと?
そう、一般には高く評価されてない。しかし僕は2つのリーグとレジェンドを知っているからいえるんだけど、オーストリアのトップクラブでプレイする方がフランスの小さなクラブでプレイするよりはずっといいよ。しかしまあここに来るってことはもはや若くはないと言うことでもあるかな。フランスでは30才のプレイヤーは古鉄同然だと思われる。1部リーグじゃほとんど契約を切られる。僕は30歳以上のプレイヤーをたった5人しか知らない。33才になってもバリバリやれるようならオーストリアに来るべきだと思うよ。
 

このへんで話題をわがオーストリアウィーンに戻しましょう。
来シーズンについてはどんな抱負をもってますか?

どんなことがあっても昨シーズンのようにはなりたくない。
若い選手の力を引き揚げレベルアップさせるのも自分に期待されている仕事の一つだと理解しているよ。
アチモヴィッチや、ボンクそれに私もだけどクラブの中心である熟練した選手が若手の成長を助けてやらないといけない。
でもたとえばラムゼプナーRamsebner,グリュンヴァルト Grünwald 、オコティエ Okotie, それにメッツ Metz,ラズニック Lasnik,ゲルカリュウ Gercaliu アイグナー Aigner などはもう十分一人で成長できる力を持っていてわれわれのサポートなど必要ないと思う。
 *選手プロフィールについてはFAKのメンバー紹介ページをご覧ください

アレキサンダー・グリュンヴァルト(18才MF/DF)について言及していたけれど−こないだのキャンプでのテストマッチでは大変思い切りのいいプレイで目立っていたと

そうそう、ところどころで彼の出来は予想外だった。クルkuru、リントナーLindner、ラムゼンプナーRamsebnerももっと気に入ったんだけど彼らは今以上に力を発揮しなければいけない。弱い相手なら何とかなるが強いチームと対するときは明らかに限界がある。しかしかれらには良い感じと希望を持っているよ。自分たちの才能をきっと使いこなせるようになる日が来るよ。

新加入のヤツェク・ボンクJazek Bakについては?

もう長いことお互いに良く知っている仲だからね。彼はトッププロでありインターナショナルなクオリティがあり、私と同じようなメンタリティを持っている。
彼とは全く話をしなくても互いに見るだけで何を意図し何がしたいのかが分かりあえる。同じようなことがミレンコ・アチモヴィッチやサニョル・クルジッチにも言える。彼らもまた同じようなフィロソフィーを持っているよ。そのようなプレイヤーとは1時間話す必要などなく5分あれば十分だよ。サリマーニやマエストロヴィッチとはまだよく話してないけれど、いい感触を持っているよ。きっと強いチームが作れるんじゃないかな。

6月28日には35才の誕生日が来ますね。だけどあなたの身体は時間が止まったままに見えるけど

それとここまで怪我をしなかったことも大変幸運だと思っているよ。僕はタバコを吸わないしアルコールも飲まない。もしそういうのを大量に摂っていたら年に4回は休んでいただろうね。「自分の身体が自分の資本」若い選手に向かっていつも繰り返してるよ。
たとえば22才ならコーラを飲もうがハンバーガーを食べようが無頓着でいい。でも8年ないし10年たったら気を付けなくちゃいけない。体質が変わってきてるんだから。僕は17年間プロでやってきてそりゃあ楽しみもいっぱいあったけど何事においてもセルフコントロールを優先させてきたよ。

将来についてはどんな風にイメージしてる?
クラブのために働きたいよ。コーチではなくマネージメントで

それはオーストリアで?
もちろん!ここはまだ何かを動かすことが出来そうだしそれが僕の目標だから。フランスではプロのクラブはすっかり組織ができあがっているけどオーストリアではレベルを上げるためにまだまだ出来ることがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「いやむしろ誤訳上等じゃねえかという気概を持ってお読みください」という言い回し、最高でした。もちろん、訳の良し悪しなどワタクシにはわかりませんが…。
荒木
2007/07/21 01:22
荒木様、こんにちは〜♪
そこに反応していただいてありがとうございます。あはh、全く何言ってるんだか自分でもよく分かってないんですよ。
しかしサッカー選手の一人称って日本語にする時どれが適当なんですかね?
その辺りからして凄く迷います。
bella
2007/07/22 02:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Hatena Diary

What's New?

Home

ブランシャールインタビュー: VASTIC TOUCH ANNEX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる